banner

審美歯科マニュアル > インプラント治療を審美歯科で

審美歯科としてのインプラント治療

インプラントといいますと、医学的な広義な意味においては体の中に入れる人工物のことなのです。
内蔵や、体の機能を補助したり代替するような働きをします。心臓のペースメーカー、人工骨がインプラントに相当するのです。
しかし、世間一般的に言われる意味としてはデンタルインプラントのことです。欠損した歯に代わりチタンでできた人工の歯根を顎の骨に埋め込みます。そしてその歯根の上に人工の歯をセットします。
この治療は健康保険で治療費を支払うことができません。この歯科治療は審美歯科治療に相当しますので治療にかかる費用は全て自己負担になります。インプラントが審美歯科といわれるのは歯の美しさを治療する歯科治療だからです。

欠損した歯に代わりにインプラントの歯を入れる人もいますし、スポーツ選手のように歯にかかる力が強く、歯ががたがたであるためにインプラントで歯を入れ替えるなんて人もいるからです。病気の歯を治す以外の歯科治療が一般的には審美歯科に相当します。
インプラントは一般的な歯科医院では行っておりません。審美歯科治療を主なる治療としている歯科医院で行っております。
外科治療を伴う歯科治療にあたりますので、検査から治療完了までの期間も長く、治療費も1本の歯に対して数十万かかるといわれております。

デンタルインプラントは審美歯科治療なのですが、その治療効果は審美歯科以外の効果があるのです。治療で得た歯は自然の歯に近い噛み具合なので、硬い食べ物を食べても全く問題ありません。
そのため何でも食べられるようになるので体の栄養バランスがよくなり、体全体がよくなります。
食べ物が十分に噛み砕くことできるようになり、胃への負担がへります。また噛むことがしっかりできるので、噛む刺激が脳の活性化へとつながります。

インプラントの歯は金属ですので虫歯になることはありませんが、その周囲の歯茎が健康でないと金属の歯でも抜け落ちてしまいます。
治療後の歯のケアは自然の歯の時以上に大切になってきます。また治療を受ける際には【信頼できる審美歯科】に通いましょう。

審美歯科についてもっと知りたい方のためのサイト

Copyright(c) 2012 審美歯科マニュアル All Rights Reserved.