banner

審美歯科マニュアル > どういう意味を持つ医療分野なのか

審美歯科とはどういう意味を持つ医療分野なのか

最近耳にする審美歯科
その審美歯科とは一体どういう意味を持つ医療分野なのか知っておきましょう。
まず、審美歯科というのは従来の虫歯を治す歯科とは違い、歯の美しさに重点を置いた医療分野になります。
歯というのは人それぞれ歯並びが違ったり色が違ったりします。
時にはそれがコンプレックスとなってしまう場合もあります。
そういったコンプレックスの解消に力となってくれるのが審美歯科です。
どういった部分の治療が可能なのかも知っておきましょう。

まず【歯並び】です。
歯並びはその人の印象を決める重要なポイントです。
やはり綺麗な歯並びの方が見た目も良いですし笑顔も綺麗です。
審美歯科ではそんな綺麗な歯を手に入れる為の力となってくれます。
従来のワイヤーを用いた矯正方法も可能ですが、近年人気なのがセラミックを用いた矯正方法です。
セラミックは生体親和性の良い素材ですので、安全に使用する事ができます。
また、セラミックは非常に見た目も良く美しい歯になる事ができます。
短期間での治療も可能なので、なるべく早く綺麗な歯を手に入れたいという方にも人気があります

審美歯科では歯のホワイトニングも可能です。
歯というのは様々な汚れが付着しています。
特にやっかいなのがワインやコーヒーなどを飲用することによって付着するステイン汚れです。
またタバコの喫煙によるヤニ汚れも同様な意味です。
ステインは通常の歯磨きではなかなかキレイに落としきる事ができません。
そういった汚れは歯に蓄積され、徐々に変色させていってしまいます

黄ばんでしまったり、茶色くなってしまった歯というのは見た目にも良くありませんし、相手に不潔な印象を与えてしまいます。
そういった汚れでもホワイトニングを行えば、白く綺麗に輝く歯にする事ができます。
歯の色が清潔になると笑顔も素敵になります。
相手の不快感も軽減できますので、マナーの1つとという意味としてもホワイトニングは重要です。
歯に悩みがある場合は気軽に審美歯科へ相談してみましょう

Copyright(c) 2012 審美歯科マニュアル All Rights Reserved.