banner

新着情報RSS

審美歯科での治療と保険適応

最近は総合歯科と呼べるような様々な治療を行う歯科医院が増えてきています。以前であればそれぞれ別々の診療科があり、その治療を行うためには別の歯科医に行く必要がありましたが、今では1つの診察券で全て治療も可能となる歯科医院があります。

歯科における診療科は、一般的な虫歯治療などを行う歯科医院、審美性を重視した治療を行う審美歯科、インプラント治療を行いインプラント歯科、歯列矯正などを行う矯正歯科などになります。審美歯科やインプラントなどの治療は保険が適用されないと言う事は有名な話です。

これらはいずれも自由診療であるため、保険が適用しないわけです。治療にかかる費用は全額負担をしなければなりません。
所で、審美歯科には歯を白くするというホワイトニング治療がありますが、たった1本の歯を白くするのに数万円という費用が掛かると言われています。

また前歯だけをホワイトニング治療を行うとその費用は数十万円と言う事にもなるのです。審美歯科では審美的な部分の治療を行うのに対して、一般的な歯科医院は機能的な部分の治療を行います。
機能的な部分の治療は、治療を行わないと、食べ物を食べれないとか、痛みがあるとか、そのままにしておくと歯を失う結果にも繋がる治療を行います。

しかし、審美歯科では特別治療を行わなくても、食べ物は食べれますし、痛みもありません。また、歯を失う心配が無いのにも関わらず治療を行う歯科医院なのです。
しかしながら、歯の色が元々黄ばんでいるため、それがコンプレックスになり治療を行いたいとか、金属アレルギーであるため、詰め物に金属ではない物質の歯を入れたいという人などは審美歯科の役割はとても大きいものとなるのです。

所で、審美歯科は保険が適用しない治療を行うのが主な治療ですが、審美歯科でも保険が適応する治療があります。これは人工歯などをいれるときに、セラミックなどを使うと保険が適応されるというものです。

Copyright(c) 2012 審美歯科マニュアル All Rights Reserved.